1. HOME
  2. 私のこと
  3. 店を出すまでのこと③

ブログ

店を出すまでのこと③

パン屋さんでの修行の日々は、体力勝負。

25キロの粉袋を運んだり、重い生地やミキサーボウルを持ち上げたり、

朝は早いし、超長時間の立ちっぱなし、粉まみれ、夏は灼熱地獄。

 

それでも自分の選んだことをやってたし、

まだまだいくらでも学びたかったし、

しんどいながらもやりがいを感じながら働いてたのですが、

新店舗をオープンするにあたって、あまりにも労働環境が酷くなり…

夜中1時から勤務開始、休憩も取らずに夕方まで、16時間~17時間の労働。

休みも1か月ほどもらえず。体も心もぼろぼろでした。

寝るためだけに家に帰って、数時間のうちにふらふらと終電で出勤。

なんのために働いてるのか、、っていうかなんのために生きてるのか。

普段は超楽観主義の私もさすがに気持ちが滅入り

精神的にも体力的にも限界を超えてしまいました。

あのころ、よく鬱にならなかったなぁと思う…!

 

それ以外にも、パン業界に足を踏み入れてから、疑問に思うことはたくさんあって。

詳しいことは書かないけど、職人の世界だから許されるのか?

過酷な労働で、みんな頭おかしいのか?飲食業界がそうなのか?

…モヤモヤすることたくさん。

 

パンが大好きでここにいるのに、

このままじゃあパンのことまで嫌いになってまう!と思い、

パン屋さんでの修行は、一度お休みして、

ごくごく一般的な会社ってどんなかんじなのか、社会勉強のためにも

ふつうの会社で働いてみよう!と決めたのでした。

 

 

そして就職したのが、飲食業界専門の求人誌の営業職。

パン業界は離れても、飲食に関連仕事がしたくて。

経営者のお話もたくさん聞けるのも魅力でした。

営業職にチャレンジしたのは、人見知り&話下手な自分を克服したい気持ちもあって。

 

社内にはドラマで見たことあるように営業成績グラフが張り出されていて、

いつも気持ちが追い詰められて胃がキリキリする日々でしたが。

 

求人誌の営業の仕事は、まずフリーペーパーやハローワークをチェックして、

人材募集中の飲食店をリストアップして、テレアポ。

とりあえずお話だけでもっ!、とアポを取り、実際に会いに行って、

こんな求人誌やってます、と知ってもらう。

人材募集中なら、一度使ってみてもらえませんか?という案内。

 

もしくは、飛び込み営業といって、

アポなしでお店を訪ねて、話を聞いてもらう。顔を覚えてもらう。

テレアポも飛び込みも、めっちゃ、ドキドキでした~。度胸がいりますね。。

 

売るのは求人の枠。枠の大きさによって値段が違って、

2万円台の、文章だけの小さな枠から、ウン十万円のカラー枠まであるのですが、

お店さんに働き手を採用してもらうためにはお店の魅力を伝えたいので、

なるべく大きな枠を買ってもらえるよう頑張って勧めます。

 

そして枠が決まれば契約は成立。

写真撮って、取材して、原稿のやり取りをして、本の発売日を迎えます。

 

掲載後はちょこちょこ電話して、「効果のほどはどうですか?」と確認。

これが、、なっかなか気が進まない。

10万以上出して大きな枠に載せたのに、1件の電話もかかってこんわ!と怒られることもあります。

めっちゃ、へこみます。

大きな出費をしてもらって、その分ぜったい満足してもらいたいのに、

買ってもらって、怒られたり悲しまれたりするのはつらいものです。

 

そんなかんじで、

私が不器用だったせいなのもあって

朝から夕方まで、ノルマを達成するために駆けずりまわって

締め切り前は気持ちめっちゃ追い詰められるし

本でいっぱいのかばんはめちゃくちゃ重たいし

冷たくあしらわれることが続くとへこむし

せっかく買っていただいたお客さんをがっかりさせることもあるし

夏はスーツに汗染みができるほど汗かいて歩き回って

思ってたよりずっと、ずーーーっと大変な仕事でした。

 

私、パン職人の世界にいたときは、スーツで仕事してる人たちのこと

正直、ひとくくりに「ラクそう」って思ってました。反省。

ラクな仕事なんてないんやなって思いました。

ちなみに、結婚して子供産むまでは主婦ってお気楽でいいなァって思ってたけど

子育てだってびっくりするほど大変でしんどかった!

 

そんなこんなで

しんどい仕事たくさん経験して、汗かいて働いて

仕事というものの大変さを思い知った20代前半なのでした。

 

 

 

 

 

アクセスマップ
パンとお菓子の販売・卸売 - grandjete(グランジュテ)
大阪市福島区野田1-1-86
大阪市中央卸売市場 関連棟(MAIDO PLAZA)3階64号
営業時間 7:00~15:00(売り切れ次第終了)
定休日 水曜・日曜・祝日
アクセスはこちら
pagetop
Serviceサービス案内
  • 卸売販売