1. HOME
  2. 市場の中で、手押し車でパン販売。

ブログ

市場の中で、手押し車でパン販売。

今はもうやっていないのですが、

お店をはじめて少ししてから、市場の中をカートを押して

働く方たちに向けてパンやサンドイッチを売って歩くことをはじめました。

 

スタッフの子が多い時は3つのルートに分かれて売り歩く。

私も、たまにですが行ってました。

 

夜中から働いている市場のひとたち、(魚屋さんは早くて23時とか!)

声はデカいし口悪いし、ターレット(市場の乗り物)の運転もめちゃめちゃ荒いし

ほんと男の世界ってかんじです。

 

普通のお客さんとはちょっと違って、文句も多い!

「高い」「小さい」「まずそう」「かたそう」。。。まー色々言ってくれます。

こちらからすれば、いやいやいや、妥当な価格です!むしろ安いです。とか

これハード系やけど中はもっちりですよ!、とか言うのですが

まぁ聞いてないし、笑  ほんとに、どストレートなんですね。

慣れてくると、こちらも程良く受け流すようになれたのですが。笑

でも普通のお客さんは言わないことも言ってくれるのは、ありがたい。

なんやねーん!って思うこともたくさんあったけど、感謝してます。

 

商売人の方ばかりなので、コミュニケーションを大事にしてるのかな。

こちらの返しを、聞いてないようでよく見てる。

内容というより仕事の姿勢をよく見てる。

そんな市場の働く皆さん。

なんだかんだ言いながらも徐々に受け入れてくれて、

応援の気持ちもあってだと思うのですが毎日買って下さる方も多くて。

カートが回ってくるのを心待ちにしてくれるお客さんもたくさんいてくれました。

 

そんな仕事を続けていて感じたのが、自分の責任。

たまにじゃなくて毎日食べてくれる。

これって責任重大です。

大袈裟かもしれないけど、この天下の台所で、夜な夜な働く人たちの健康を担っている責任。

 

観察していると毎日、コンビニの添加物たっぷりのパンを食べてる人もいれば

冬は特にカップラーメンばっかり食べてる人もいて、

それに比べればうちのパン食べる方が絶対いいけど

じゃあ うちのパンを毎日食べてる人の体は健康かと考えると、うーん、と思うこともあって。

 

何を食べるかなんて買う人の自由で、その人自身の責任といえばそうなのですが。

もし自分の家族がこの市場でこうやって夜な夜な働いているとしたら、

忙しい中でも少しでも栄養のあるもの、体にいいもの食べて欲しいなと思うなぁ。

 

そんなこんなで、市場販売をきっかけに、

自分はどんなものをお客さんに食べてもらいたいのかを

改めて考えるようになったのが2年前くらいのこと。

 

ちょうど自分自身も30を過ぎて、これまでよりも健康を意識するようになって

あと「グルテンフリー」が注目されるようになって

小麦が悪者扱いのようにされるのも気になっていたし。

パンのこと、何が悪いと言われてるのか。材料のこと。

体のこと、健康のこと、栄養のこと。改めて勉強するようになりました。

 

パンって、小麦って、食べすぎはよくないけど、

ちゃんと知って、ちゃんと選んで、食べ方を間違えなければ、悪者じゃない。

 

まだまだ私も勉強中ですが、そんなことも

ここで少しずつお客さんと共有できればと思ってます。

アクセスマップ
パンとお菓子の販売・卸売 - grandjete(グランジュテ)
大阪市福島区野田1-1-86
大阪市中央卸売市場 関連棟(MAIDO PLAZA)3階64号
営業時間 7:00~15:00(売り切れ次第終了)
定休日 水曜・日曜・祝日
アクセスはこちら
pagetop
Serviceサービス案内
  • 卸売販売