高松市で着物を売るなら持ち込みより出張買取がおすすめ

私は小さいころからよく和服を着させてもらっていました。

七五三だけでなくて、夏には浴衣、秋のお祭りには着物、お正月に着物を着せてもらったことも何度もありました。

昨年私の成人式があり、それは母の成人式に祖母が買ってくれたものでした。

緑色の総絞りで、今買ったらいくらするんだろう…と思うほどきれいな振袖でした。

私の家に保管してあり、それを確認するために、着物が入っているタンスを開けました。

久しぶりにどんな着物があるか確認してみようということで、母と一緒に着物を見てみました。

まずあったのは薄いピンクの着物でした。

これは母の写真でも見たことがあって、よく着ていた覚えがありました。

次に見つけたのは、桜が描かれた着物でした。

とってもかわいくて、私も気に入ってしまいました。

「これはばあちゃんのおさがりなんだよ」と言っていました。

私の祖母はもう90歳、結婚してから買ったとしても、もうだいぶ年月が経っています。

それでも色褪せず、ずっと残っていたその着物。

すごいなと感心させられました。

母とはほぼ身長も同じで、体型も似ています。

だから私にゆずってあげるといってくれました。

タンスの中にはほかにも、小さいころ着させてもらった子どもサイズの着物がありました。祖母自身の着物も多く、遺品整理の時に驚いたのを覚えています。

着ない着物がたくさんあったので、出張買取をお願いしましたね。高松市で着物を売るなら持ち込みより出張買取がおすすめです。

小さいときに、地元の秋のお祭りで着させてもらった記憶があります。

もちろんもう着ることはできませんが、着物の話を祖母にすると、着物をリメイクして、ぬいぐるみ用の着物を作ってくれました。

今ではクマのぬいぐるみが、私の着物を着ています。

このほかにも、祖母は着れなくなった着物をリメイクして服にしていたことを思い出しました。

地元では、家にひとつ木でできたお地蔵さんがあって、GWにそれをもって神社へ行き、ご祈祷してもらうという習慣がありました。

みんなの家それぞれの着物をお地蔵さんに着させて、昔は子どもの遊び道具になっていたそうです。

今はGWにお地蔵さんを神社の本尊である親のお地蔵さんに合わせて、子どもの成長を祈るものになっています。

そのお地蔵さんの着物も、よく考えてみると私が着ていた着物や浴衣を使ったものでした。

みんな大人になってその神社に行くこともなくなりましたが、今でも家にはお地蔵さんが居て、祖母の作ってくれた服を着ています。

私が着れなくなったものでも、何かに受け継がれているのは嬉しく思います。

そして、祖母の着物が母へ、そして私へ受け継がれていくことも嬉しく思います。

大切に保管していきたいです。

成人式では、誰よりも素敵で個性的な振袖にすることができました。

これから兄やいとこの結婚式でも着ることができたらな、と思っていたのですが、どうやら私が一番早く結婚しそうです。

そうしたら、母からもらった着物を着たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です