ヒゲが邪魔になる瞬間と実体験

私は中学生の頃にヒゲが伸びて非常に大きな悩みです。大人でもそういう悩みがあって無くならない状態です。そしてヒゲが濃いので簡単に切ることができないのです。
日常生活ではヒゲが非常に邪魔だと感じています。例えば何かを食べる時にヒゲが邪魔になりました。私はヒゲを放置していて長くなっています。それで食べ物がヒゲに付くので嫌になります。
しかしヒゲを切ると更にそれが太くなります。こういう体なので無駄にヒゲを切ると危険なのです。だから今でもヒゲが長い状態が続いています。
ヒゲは食事の時に最も邪魔なので無くなって欲しいです。食事は毎日するのでヒゲが邪魔だと思います。特に困るのが食事の臭いがヒゲに残ることです。
私はある時に嫌な臭いを感じて悩みました。それがヒゲからのもので嫌だと思ったのです。原因は食べ物の臭いがヒゲに付いていたことでした。
この時は本気でヒゲが邪魔で剃りたくなりました。一時期はヒゲを剃っていましたが面倒になったのです。また私の場合は直に濃いヒゲが復活するのです。だから剃ってもあまり深い意味はないと感じました。
日常生活では寝る時にもヒゲが邪魔になります。私は寝ている時に違和感を感じたことが多いです。それはヒゲが邪魔で気分が悪くなるためです。
特にヒゲが毛布と接触すると気分が悪くなります。それも自然に接触するので回避することができないです。私は眠れなくなってヒゲが多いことを後悔しました。
こういう感じでヒゲが多いと悩むと思います。私はヒゲの脱毛を考えて情報も集めています。しかしお金が必要なので脱毛は夢のようです。
結局はこのヒゲと上手く付き合うしかないと思っています。自分のヒゲなので長く付き合う必要があると感じます。